最新の触圧覚刺激法 線維性筋痛症へ

こんにちは

私が、何十年とお世話になっている師匠でもある小林先生(理学療法士)が、普段はsnsとかであまり表に出ませんが

というより控えていますが、今回は、触圧覚刺激法研究会で公開治療を行ったときの模様を

なんとユーチューブに投稿されています

触圧覚刺激法

『線維性筋痛症 触圧覚刺激法研究会』
https://www.youtube.com/watch?v=7dp6XjFzyaQ
↑是非、見てほしいです

今まで、小林先生の治療方法を何回もその場で目の当たりにして、常に新しい発見、目から鱗の情報を

常に頂いております。

どんな患者さんであろうと(基本的に整形外科疾患ですが)たんたんと治療をこなし、
患者さんが今までにない笑顔になっていく様が記憶に残ります。

本当にびっくりで!すごい!という言葉しかでないほど!何か魔法にかかったような時間です


手技一つ一つが的確で、見ている側も触れているだけなのにどうして?

刺激が強いとか弱いとか関係なく、しかも短時間に痛みも可動域もみるみる変化し

動けるようになる!

ドラマティックな光景に言葉もなくすほどです


難病と言われる『線維性筋痛症』に患われた患者さんで、1年以上全身の痛みに苦しんでいたのが
今回の治療で、痛みを忘れる至福の時間となったのは言うまでもありません。
(治療には継続回数が必要でありますので)


私自身、そばで治療技術、医学知識等をご指導していただいておりますが、初めて小林先生に出会ったとき

の衝撃と興奮そして感動が、このユーチューブで再び起こりました!

神業です!!!手技療法の魅力と感動がここに!!!



先日も、全米の歌姫の歌が好きなのでニュースを見た時は驚きました。もし、機会があるなら
このリハビリ治療をって思ってしまいます



素晴らしい先生のもとで勉強させて頂いていることに感謝し、今後もますます治療技術の向上を目指して
患者さんの悩みを解決していきます。


当院でも、自費治療を取り入れておりますが、施術とマッサージの境界、長年のやり方にとらわれて

いるところがあり、施術をもっともっと効率の良い方向へ変えていこうと考えております。

そして、私が修得している、症状に合ったやり方をどんどん引き出しからだしていきます。


:::::::::::::::::::::::

慢性腰痛、肩こり、頭痛 X スポーツでのけが

結果にrespond!!!


☆彡最新のあごの痛みの手技治療が可能!患者さんもびっくりで感動してました

☆彡産後の骨盤矯正ってよく聞きますが、妊娠中の腰痛はどうされてますか

当院では、妊娠中の腰痛にも対応できる取り組みをしております。


スポーツ障害・骨盤矯正・メンテナンスなら

豊橋市にある『とし接骨院』へ

身体にやさしい こだわりの手技で施術を受けた90%以上

の方が変化が出たと実感!

触圧覚刺激法を軸に

人間の土台である⇒骨盤矯正

神経を支配する頭へ⇒頭頸部法

身体を包み込む筋膜へ⇒骨膜筋膜リリース

骨盤x頭頸部法x骨筋膜リリース

の3つの手技であなたの痛みや悩みへ対応!

慢性腰痛には、

骨盤矯正x頭頸部法x骨筋膜リリース

触圧覚式バランス整体

で快適に!

顎の痛み、頭痛、首コリ、肩こりには

痛くない方法 骨盤調整

関節の動きが変わる触れてる感じの コネクティブティッシュ 骨・筋膜リリース

痛みのポイントには マイオセラピー・仙腸関節調整

自律神経には 頭頚部法

など様々な手技を用いて一人ひとりの症状にあわせて

提案しております

ストレッチ、体幹トレの運動の提案で、体の使い方のチェック

筋肉の柔軟性、関節可動域の変化を体感して

新たな発見をお手伝いしていきます
2017-09-20 : 日記 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ずっと もっと ほっと

Author:ずっと もっと ほっと
豊橋市広小路3-29-1
ずっと、笑顔に!
もっと、元気に!
ほっと、安心。
交通事故後治療やむち打ち治療、肩、腰、膝等の痛みや
スポーツ外傷・障害などの治療を行っております。
はり・きゅうも同時にご希望に沿うように治療をいたします。
美顔鍼や耳ツボなど、美容にも力を入れております。
少しでも気になることがございましたら、
お気軽にお越しください。
丁寧にご相談に応じた治療を行わせていただきます。

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花